エクステリア製品製造業(家具・インテリア装備品)|フィデリ・業種ナビ

エクステリア製品製造業(家具・インテリア装備品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【エクステリア製品製造業】業界動向/マーケティング情報

 「外部」を意味するエクステリアは、インテリアと対照的に屋外の装飾を取扱う業務である。門やフェンス、バルコニー、物置、カーポートなどの品目があり、公園や施設といった公共のエクステリアも事業に含まれる。
 
 高度経済成長期に入った昭和40年代、住宅の新築件数が増加したことに伴ってエクステリアの需要も大きく伸びたが、取扱う分野が多岐にわたり、なおかつ多数の業界にまたがる産業であるために、正確な事業者数を把握するのは困難であるとされている。
 
 各品目ともバブル期を境に売上高は減少傾向にある。物置のように専門のメーカーがシェアを寡占しているものもあるが、特徴的なのは多くの品目でアルミメーカーの台頭が見られることだ。最近では再び木などの素材が見直されているとはいえ、軽量かつ丈夫なアルミ素材の需要は依然として高い。
 
新設住宅着工戸数の推移(単位:1000戸) 国土交通省の調査では、平成17年の新設住宅の着工数は123万6000戸。平成14年の115万1000戸から3年連続増えており、着工件数に比例して業績が推移する特徴のあるエクステリア業界にとってはいい材料である。今後は高齢化社会に対応したセキュリティ機能の充実や、リサイクル素材の開発による環境への配慮など、時代に合わせた新しい技術の活用によって市場が再び活性化していくことにも期待したい。
《業界情報サイト》
全国エクステリアコンクリート協会(http://www.l-scapecon.org)
社団法人 日本建築ブロック・エクステリア工事業協会(http://www.jabec.jp)
国土交通省(http://www.mlit.go.jp)
 



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ