スチール家具製造業(家具・インテリア装備品)|フィデリ・業種ナビ

スチール家具製造業(家具・インテリア装備品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【スチール家具製造業】業界動向/マーケティング情報

 古くは木製が主流とされてきた家具だが、ライフスタイルの洋風化によって次第にスチール(金属)製家具のファッション性が受け入れられるようになり、近年では小売店の店頭でも普通に見掛ける存在となった。最初はオフィスや飲食店の設備としての需要が中心だったが、輸入品が増えて価格も低下したことで、次第に家庭用の普及も進んでいった。
 
金属製家具製造業 事業所数と出荷額(億円)の推移 経済産業省の「平成16年工業統計調査」によると、「金属製家具製造業(従業者数4名以上)」の事業者数は676ヵ所で、平成14年の調査時(711ヵ所)よりも少なくなっている。年間出荷額も約4630億円(平成14年比98.3%)と減少しているが、事業所数の割に出荷の規模は大きいといえよう。
 
 
平成18年 金属製家具の輸出入額(100万円) スチール家具も木製家具と同様に、市場に出回っている商品の多くは輸入品となっている。財務省の統計によると、平成18年の金属製家具の輸出総額が約30億円なのに対し、輸入総額は約473億円と大きなインバランス(不均衡)が生まれている。
 
 商品としてのライフサイクルが長いだけに収益としては苦しい部分もあるだろうが、芸術性の高いデザインや豊富なカラーリングなど消費者を惹きつける要素も多く、国産品としては耐震性やアレルギーの抑制など環境や健康への対策といった、安全面のアピールによる信頼の向上が、需要へと結びつけるためのきっかけになるのではないか。
《業界情報サイト》
社団法人 全国家具工業連合会(http://www.zkr.or.jp)
社団法人 国際家具産業振興会(http://idafij.or.jp/jp/IDAFIJ)
経済産業省「工業統計調査」
財務省(http://www.mof.go.jp)
 



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ