プラスチック製食品容器製造業(プラスチック製品)|フィデリ・業種ナビ

プラスチック製食品容器製造業(プラスチック製品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【プラスチック製食品容器製造業】業界動向/マーケティング情報

 プラスチック製食品容器には、多様化が進むユーザーのニーズに対応した様々な容器があり、多品種生産が一般的となっている。70〜80年代にかけて成形が簡単で価格が安いという特性を生かし、食品の包装材として普及し始めた。その後、スーパーやコンビニエンスストアの発展により、惣菜などのいわゆる「中食」が一般化、一気にプラスチック製食品容器市場は拡大した。
 
 需給動向を製品の種類別に見ると、耐熱性に優れるPPフィラー容器は電子レンジで温めることができ、コンビニエンスストアなどで需要が増えている。また、惣菜の包装や卵パックなどに使用されるA−PET食品容器は焼却時に有害ガスが出ず、リサイクル性も高いなど環境に優しい容器として需要を伸ばしている。
 
 食品容器の良し悪しはその中身である食品の売れ行きに大きな影響を与えるため、需要先からメーカーへの要求は必然的に厳しくなる。それに応えるべくメーカーは新素材や高付加価値製品の開発に日夜努力している。口に運ぶものを包装する食品容器は安全性を第一に考えなければならない。今後も高い環境適合性が求められていくことから、素材選考や環境問題などにおいてこれまで以上の真摯な取り組みを行う必要もあるだろう。
 
 この業界についても原油高騰が燃料コストの負担増につながっており、各メーカーは原料となるポリエチレンの値上げを相次いで発表している。今となっては一般に広く使われている容器類だけに、食品や流通の業界に影響する部分も非常に大きい。先行きの見えない状況がしばらく続きそうな気配に加え、リサイクルにおいても相応の燃料コストを要する点は頭の痛いところ。製造工程におけるコストダウンの工夫をはじめとした抜本的な対応が求められる局面も考えられそうだ。
《業界情報サイト》
日本プラスチック工業連盟(http://www.jpif.gr.jp/)
プラスチックの知恵袋(http://www.nc-net.or.jp/plastics/index.html)
発泡スチレンシート工業会(http://www.jasfa.jp/pc/index.html)
 



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ