プラスチック成形材料製造業(プラスチック製品)|フィデリ・業種ナビ

プラスチック成形材料製造業(プラスチック製品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【プラスチック成形材料製造業】業界動向/マーケティング情報

 プラスチックは成形を施すことで、初めて製品としての価値が出る。したがって広い意味でいえば、プラスチック成形材料とはプラスチック原材料全体を指す。経済産業省の「平成16年工業統計表」によると、従業員4人以上を有する事業所数は713ヵ所、出荷額は5216億0600万円となっている。5年前(平成11年)の調査結果と比較すると、事業所数は147ヵ所減っているものの、出荷額は249億4500万円増加している。平成9年の5848億7500万円から減少が続いてきたが、ようやく回復してきた景気を背景に、今後の出荷額増加が期待される。
 
 成形品の市場から概況を探ると、熱可塑性樹脂は樹脂全体の約9割を占め、大量生産品向けの用途で多く使われている。熱硬化性樹脂はポリエステルFRPのように大型製品向けの需要が多い。車両部品が需要の大部分を占め、自動車製造業の生産動向に大きく左右される。
 
 需要先が中国を始めとするアジア諸国などに生産をシフトし、成形材料の現地調達を行うケースが増えており、国内需要の低下が危惧される。そのため、海外へ進出して現地生産を行うプラスチック成形材料メーカーも多くなっている。
《業界情報サイト》



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ