ゴム製履物・同附属品製造業(ゴム製品)|フィデリ・業種ナビ

ゴム製履物・同附属品製造業(ゴム製品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【ゴム製履物・同附属品製造業】業界動向/マーケティング情報

 明治〜大正時代のゴム長靴や地下足袋の製造に始まり、技術の発達によって様々なデザインや機能を備えるようになり、現在も幅広い用途で高い需要を誇るゴム製履物。本底がゴムで作られている履物の総称を指し、防水性や機能性、耐久性などに優れていることから学校用の運動靴や作業靴、スポーツシューズやレジャー用のビーチサンダルなど、製品は多種にわたっている。
 
 経済産業省の「工業統計表」によると、平成16年現在の「ゴム製履物・同附属品製造業」事業所数は214ヵ所(従業員4名以上、平成14年比49ヵ所減)で、平成10年の調査時から200ヵ所近い大幅な減少となった。出荷額合計も約315億1100万円(同69.5%)と同じく大きく落ち込んでおり、深刻な市場の縮小ぶりが窺える。また経済産業省発表の「紙・パルプ・プラスチック・ゴム製品統計」によると、平成17年度における「ゴム製履物」の生産数合計は545万足(前年度比25万足減)、出荷については約770億円(同1.7%増)となり、生産は縮小しているものの、需要増による在庫の減少で金額的には伸びた形となった。
 
 輸入品の攻勢や少子化による需要減といった将来的な問題への不安を抱える現状ではあるが、メリットの多いゴム製品の品質に対する支持はあらゆる年齢層において堅実なものがあり、デザインやブランド力を強化したファッション性の高い製品も市場に多く出回っている。大きな需要の後退が起こらないうちに、新たな素材の開発やトレンドにつながる商品の登場など、市場を活性化させる材料を1つでも多く作っておきたい。
《業界情報サイト》



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ