花き作農業(農業)|フィデリ・業種ナビ

花き作農業(農業)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【花き作農業】業界動向/マーケティング情報

花の栽培業は他の農業に比べると零細の生産者が多く、兼業農家も多く見られる。消費用途は稽古用・冠婚葬祭用・店頭販売用に大別されるが、近年では店頭での大衆向け花束やギフト用花束が伸びている。フラワーアレンジメントやカーデニングなど、ブームによる効果もあって、花への関心や需要が衰える心配はないものと思われる。

農林水産省の統計によると、平成16年の切り花類栽培農家は7万1600戸(対前年比98%)、作付面積は182万5000アール(同98%)、出荷量は50億9600万本(同98%)と、いずれも微減となっている。栽培農家は千葉、静岡、愛知、和歌山など太平洋側の県でその数が多くなっている。

切り花類栽培農家数の推移  花き作付面積の推移

平成17年9月に「改正農業経営基盤強化促進法」が施行されたことにより規制が緩和され、一般の企業も自治体から農地を借りて農業に参入することが可能となった。だが、こうした異業種からの参入組や農家には経営に精通した人材が少ないのが現状だ。そのため、花の生産販売の経営ノウハウを持つ人材を育成しようと、人材派遣業も農業分野へ乗り出すこととなった。企業の農業参入が今後益々増加することを見込んでの試みであるが、これによって花き農家の担い手不足という問題が解決されていくことに期待したい。

流通においては国内生産品が優位な状況だが、ここ数年で輸入品が数倍に伸びており、国内生産品としては品質や新鮮さだけでなく、更なるコスト削減に取り組んでいくことが望まれる。

この業界の関連サイト

日本花き生産協会(http://www.jfga.or.jp)
農林水産省(http://www.syokuryo.maff.go.jp)



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ