可鍛鋳鉄製造業(鉄鋼)|フィデリ・業種ナビ

可鍛鋳鉄製造業(鉄鋼)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【可鍛鋳鉄製造業】業界動向/マーケティング情報

 伸線とは、細くて長い形状を持った鉄鋼2次製品である線材を原材料とした加工品を製造する中間素材過程の名称である。そのまま使用されることはほとんどなく、撚り合わせてワイヤロープにする他、針金や金網、釘、ボルト・ナットなどにも加工される。  
  
 鉄鋼は加工が進むごとに、銑鉄→鋳鉄→ねずみ鋳鉄……と名称が変わる特徴を持つが、可鍛鋳鉄とは白鋳鉄を加熱処理することで、炭素の除去やセメンタイトの黒鉛化を行うことで可鍛性(変形が可能な性質)を持つようにした鋳鉄のことをいう。主として自動車部品(ステアリングボックス、パワーステアリング用など)、鉄管継手などの材料に使われ、材質には黒心可鍛鋳鉄・白心可鍛鋳鉄・パーライト可鍛鋳鉄の3種類がある。  
  
 業界は特定の需要先から受けた注文に従い、多品種小ロットの生産を行う受注生産型である。しかし主要な需要先である自動車・住宅業界で可鍛鋳鉄から他材質への変換が進んでいることなどから、生産量は年々減少している。財団法人素形材センターが発表した統計によれば、平成17年の生産量は7万7366トンで対前年比85.9%と大幅に減少しており、厳しい状況が続いている。  
  
 生産量の約7割を占める管継手は合成樹脂などの他材質との組み合わせ成形が一般化し、自動車部品も軽量化を図るため、他材質に変換が進んでいる。アジア諸国から安価な製品の輸入が増加していることもあり、素材ではなく完成品として需要先へ納入するなどの取り組みが求められる。またニーズに対応した技術開発で製品の高付加価値化を図り、他素材との差別化を図ることも必要となってくる。  
《業界情報サイト》
(社)日本鉄鋼連盟(http://www.jisf.or.jp/index.html)  
(財)素形材センター(http://sokeizai.jp/)  
日本金属継手協会(http://www.tsugite.jp/)  
経済産業省「工業統計調査」  

《主な上場企業サイト》

日本鋳鉄管(株) 【東証1部】(http://www.nichu.co.jp/index.html)  
(株)リケン 【東証1部】(http://www.riken.co.jp/)  
日立金属(株) 【東証1部】(http://www.hitachi-metals.co.jp/)  

【業界キーワード】

◆◆ 管継手 ◆◆  
鋼管・鋳鉄管・合成樹脂管などで、管径の異なる管をつないだり、方向を変えるためなどに用いる特殊な形の管。  
◆◆ 黒心可鍛鋳鉄 ◆◆  
焼きなましによって化合している炭素分を黒鉛化したもの。  
◆◆ 白心可鍛鋳鉄 ◆◆  
表面の炭素分を酸化によって除去したもの。  
◆◆ パーライト可鍛鋳鉄 ◆◆  
原料に鋼屑を配合し、ケイ素合金などを加えたもの。  
◆◆ 焼きなまし ◆◆  
適切な温度に加熱及び灼熱した後、室温に戻ったときに、平衡に近い組織状態になるような条件で冷却することからなる熱処理。  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ