鋳鉄管製造業(鉄鋼)|フィデリ・業種ナビ

鋳鉄管製造業(鉄鋼)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【鋳鉄管製造業】業界動向/マーケティング情報

 鋳鉄管には直線方向で使用する直管と、方向・口径を変えるときに使用する異形管がある。使用する材質は普通鋳鉄に比べて強度・耐衝撃性に優れるダクタイル鋳鉄がほとんどとなっている。経済産業省の「平成16年 工業統計表」によると、従業員を4人以上有する事業所は55ヵ所、従業員数は3729人となっている。  
  
 直管の製造には多額の設備投資が必要になるため、国内の製造メーカーは(株)クボタ(株)栗本鐵工所日本鋳鉄管(株)の3社のみであり、その中で(株)クボタが約6割のシェアを占めている。異形管は直管に比べ種類が多く、多品種少量生産を行っており、中小メーカーや鋳鉄鋳物メーカーの兼業が多い。  
  
 鋳鉄管の需要は上水道、下水道・工業用水用など、ほとんどが公共工事、特に水道工事向けの需要となっている。その事情もあって、昨今の公共投資額の低迷は業界に暗い影を落とし、業績悪化にも大きく関係している。しかし老朽管である石綿セメント管、鋳鉄管などの更新が急がれ、厚生労働省も「水道ビジョン」の中で、災害対策等の充実を目指し基幹管路(導水管、送水管及び配水本管)の耐震化率を100%にするという施策目標を掲げ、耐震管への取替えを進めており、高機能鋳鉄管の需要拡大が期待される。   
《業界情報サイト》
(社)日本鉄鋼連盟(http://www.jisf.or.jp/index.html)  
日本ダクタイル鉄管協会(http://www.jdpa.gr.jp)  
経済産業省「工業統計調査」  
  

【業界キーワード】

◆◆ 異形管 ◆◆  
水道本管の分岐、合流、配管の方向転換やバルブの接続用に使用される管のこと。  
◆◆ 水道ビジョン ◆◆  
厚生労働省健康局が平成16年6月に発表。将来の水道のあるべき姿とそれを実現する政策・施策が体系的に整理されており、管路に関する具体的な施策としては水道の運営基盤強化(ただちに更新が必要となる老朽化施設をなくす)、安心・快適な給水の確保、災害対策等の充実(基幹管路の耐震化率100%達成など)の3つが掲げられている。  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ