電線・ケーブル製造業(非鉄金属)|フィデリ・業種ナビ

電線・ケーブル製造業(非鉄金属)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【電線・ケーブル製造業】業界動向/マーケティング情報

 電線の原材料には電気を通しやすい性質を持つ銅が主に使われ、絶縁・保護用の被覆があるものとないものに分かれる。電線とケーブルの間に明確な区分はないが、一般には多芯で外被のあるものをケーブルと呼ぶ場合が多い。電線やケーブルは電力用や通信用、工場用の他に船舶、自動車、航空機など多岐にわたり、社会基盤整備や産業製品製造において重要な役割を担う。  
  
 通信関連市場においては、丈夫で高速通信が可能な光ファイバーケーブルが一時期需要を伸ばした。日本電線工業会の統計によると、平成13年度には前年比30.4%増の2837万kmc(キロメートルコア)まで生産量を伸ばしたが、この年を最後に需要は減少へと転じ、平成16年度の生産量は1564万kmcと、13年比55.1%にまで落ち込んだ。また平成9年に100万トンを割って以来、年々生産量が減少していた銅電線は平成15年以降、緩やかながら上昇に転じている。  
  
 しかしインターネットの接続環境改善による普及もあって、光ファイバーは平成17年に入って急激に生産量が回復しており、長期的には市場がさらに拡大すると予想される。一方で銅電線は電力関連需要の低迷などもあり、今後しばらくの市場拡大は難しいと予測される。  
  
 国内でFTTHサービス向けのインフラ整備が盛んに行われていることや、米国を中心とした海外市場での売上が好調であることなどから光ファイバーケーブルの需要が急伸している。本来なら設備を増強して生産能力を上げることで需要に応えたいところだが、各社ともITバブルが崩壊した際に供給過剰に陥り、業績が悪化した苦い経験を持つため、新たな設備投資に対しては慎重な姿勢を崩していない。そのため、生産工程の見直しなどを行うことで現在稼動している施設の生産性アップを図っている。現在の光ファイバー需要が一段落したあとの見通しは不透明であり、主な需要先である通信会社が将来的にどのように通信網の整備を進めていくかを見極め、今後の設備投資の計画を立てる必要がありそうだ。  
《業界情報サイト》
(社)日本電線工業会(http://www.jcma.jp/index.htm)  
  

《主な上場企業サイト》

古河電気工業(株) 【東証1部】(http://www.furukawa.co.jp/index.htm)  
住友電気工業(株) 【東証1部】(http://www.sei.co.jp/)  
(株)フジクラ 【東証1部】(http://www.fujikura.co.jp/index_j.html)  
三菱電線工業(株) 【東証1部】(http://www.mitsubishi-cable.co.jp/)  
昭和電線ホールディングス(株) 【東証1部】(http://www.swcc.co.jp/)  
東京特殊電線(株) 【東証1部】(http://www.totoku.co.jp/)  
タツタ電線(株) 【東証1部】(http://www.tatsuta.co.jp/)  
日立電線(株) 【東証1部】(http://www.hitachi-cable.co.jp/index.html)  
沖電線(株) 【東証1部】(http://www.okidensen.co.jp/)  
理研電線(株) 【東証2部】(http://www.rikensen.co.jp/)  
平河ヒューテック(株) 【東証2部】(http://www.hewtech.co.jp/)  
トヨクニ電線(株) 【ジャスダック】(http://www.toyoden.co.jp/)  
カナレ電気(株) 【ジャスダック】(http://www.canare.co.jp/)  
(株)三ッ星 【ジャスダック】(http://www.kk-mitsuboshi.co.jp/)  
  

【業界キーワード】

◆◆ 光ファイバーケーブル ◆◆  
電気信号を光信号に変換して伝送するシステムに用いるケーブル。細く、軽く、低損失で高速・大容量の情報伝達が可能。電磁誘導や雷害を受けず、漏話がないなどの特徴がある。利用分野は公衆通信、電力系統の監視・制御、鉄道や道路交通の管理・制御、企業内のデータ伝送路など多岐にわたる。  
◆◆ 同軸ケーブル ◆◆  
高速データやテレビ映像といった広帯域信号を伝えるためのケーブル。内部導体を主にポリエチレンで絶縁し、周りを外部導体でくるんだ同心円の形をしている。CATV用同軸ケーブル、テレビ受信用同軸ケーブル、漏えい同軸ケーブルなどの種類がある。  
◆◆ 自動車用電線 ◆◆  
自動車の始動、充電、照明などのための車内配線に用いられる低圧電線と、エンジンの点火装置に用いられる高圧電線とがあり、自動車の種類と形式に応じて配線に便利なように組み立てたものを自動車組配線という。  
◆◆ EM電線 ◆◆  
EMとはエコマテリアルおよび耐燃性の意味。被覆材にハロゲン元素を含まないため有害なハロゲン系ガスを発生せず、土壌汚染がないなどの利点がある。  
◆◆ FTTHサービス ◆◆  
「Fiber To The Home」の略。光ファイバーケーブルを用いて、各家庭への通信ネットワークサービスを行うこと。従来の電話回線などを用いた通信方法と比較して高速かつ大容量の情報が伝送可能。事業各社は低価格を前面に押し出した販促活動を盛んに行っており、年々シェアを拡大している。
  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ