機械工具製造業(一般機械器具)|フィデリ・業種ナビ

機械工具製造業(一般機械器具)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【機械工具製造業】業界動向/マーケティング情報

 機械工具とは工作機械に装着して金属や石材、コンクリートなどの素材に切削や研削をし、製品に加工するために使用する工具のこと。機械工具製造業には、特殊鋼工具・超硬工具・ダイヤモンド工具など広範囲の工具製造業が含まれる。  
  
 経済産業省の「平成16年工業統計表」によると、4人以上の従業員を有する事業所数は1347ヵ所、従業員数は3万5368人。特殊鋼工具・超硬工具メーカーは大手と中小に企業規模が二分しているのに対し、ダイヤモンド工具メーカーは全般に中小メーカーが多くなっている。業界は上位3〜4社が50%程度のシェアを占める寡占状態。上位メーカーは総合的に生産を行い、下位のメーカーは特定品種の生産を行うケースが多い。  
  
 基本的に多品種少量生産で、需要先からの特注での生産も多い。また、原材料としてモリブデンやタングステンなど希少金属を使用するが、産地が偏在していたり、政情不安な国から輸入しなければならないケースが多く、収益は原材料の価格変動に左右される。  
  
 関連団体の統計から需要の推移を見ると、平成17年の特殊鋼工具の生産高は1050億円(日本工具工業会統計)で対前年比115.5%と大きく数字を伸ばしている。内訳を見るとドリルが対前年比123.8%の239億円と好調だ。また超硬工具の17年度生産高は3061億円(超硬工具協会統計)で対前年比114.3%となっている。切削工具が出荷金額ベースで2203億円(対前年比116%)と需要を拡大した。ダイヤモンド工具は976億円(ダイヤモンド工具協会統計)で対前年比108.1%と堅調が続く。  
  
 バブル崩壊後は需要低迷が続いたが、景気回復を背景に機械工具製造全体が回復基調で推移している。主要需要先の自動車・産業機械製造業の海外進出が進み、輸出額が増加しているのが好調の主な要因だ。しかしその一方で国内向け需要の低迷が見られており、自動車関連や工作機械向けの受注が落ち込んでいる。  
  
 日本の機械工具製造業は世界的にもトップクラスの技術力を持ち、国際競争力を有している。今後も海外市場での高いシェアを維持するためには、ニーズの多様化に対応した高機能製品の開発を怠ることはできない。また中小メーカーは需要先からの少量受注にもすばやく対応できる態勢作りで、大手との差別化を図りたいところだ。  
  
《業界情報サイト》
日本工具工業会(http://www.kouguko.com)  
超硬工具協会(http://www.jctma.jp/)  
ダイヤモンド工業協会(http://www.alles.or.jp/%7Eidajapan/)  
経済産業省「工業統計調査」  
  

《主な上場企業サイト》

日立ツール(株) 【東証1部】(http://www.hitachi-tool.co.jp/)  
OSG(株) 【東証1部】(http://www.osg.co.jp/index.php)  
ダイジェット工業(株) 【東証1部】(http://www.dijet.co.jp/)  
旭ダイヤモンド工業(株) 【東証1部】(http://www.asahidia.co.jp/)  
ユニオンツール(株) 【東証1部】(http://www.uniontool.co.jp/)  
(株)不二越 【東証1部】(http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/)  
東洋刃物(株) 【東証2部】(http://www.toyoknife.co.jp/index-j.html)  
(株)スーパーツール 【ジャスダック】(http://www.supertool.co.jp/)  
日進工具(株) 【ジャスダック】(http://www.ns-tool.com/)  
  

【業界キーワード】

◆◆ 特殊鋼工具 ◆◆  
高速度鋼が主材料の切削・塑性加工工具。主な製品には穴を開けるために用いるドリルや、金属加工用のカンナとして用いられるミーリングカッターなどがある。  
◆◆ 超硬工具 ◆◆  
タングステンやチタンにコバルト粉末を混ぜて製造した工具。切削・鉱山土木用工具として使用される。  
◆◆ ダイヤモンド工具 ◆◆  
天然・合成ダイヤモンドを原材料とした工具。硬質物の研削・切断などに使用される。近年ではCBN工具がダイヤモンド工具の代替品として生産を伸ばしている。  
◆◆ CBN(立方晶窒化ほう素)工具 ◆◆  
超高圧下で合成された物質で、ダイヤモンドに次ぐ硬さをもっている立方晶窒化ほう素を用いて製造した工具。耐熱性が高く、鉄系金属に対応しないという特徴を持ち、鉄系難材を加工するのに適している。  
  

【業界キーワード】

ダイヤモンド富士ソフト株式会社  
VALSRV/TOPS-lite
(http://www.dandf.co.jp/product_service/product/tops01.html)  
TOPS(Total Office Payment System)は、Webを利用した分散入力により、経費精算業務がより簡単に行えます。また、財務会計との連動により、詳細なデータをタイムリーに収集することができるシステムです。  
お問合せ先:ダイヤモンド富士ソフト株式会社 ビジネスイノベーションオフィス  
tel:03-5769-2863  e-mail:bio@dandf.co.jp



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ