国産自動車販売業(輸送用機械)|フィデリ・業種ナビ

国産自動車販売業(輸送用機械)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【国産自動車販売業】業界動向/マーケティング情報

 ディーラーとも呼ばれる自動車販売業は、国産車と輸入車に市場が分かれる。国産車のディーラーはメーカー系が多くを占めており、取扱う車種を限定した販売チャネルを複数設け、営業地域も限定することであらゆる価格帯やニーズに対応しやすい販売体制を作っている。  
  
 社団法人日本自動車販売協会連合会の「自動車ディーラー経営状況調査」によると、平成16年度における会員1395社の新車販売額合計は約63億2600万円(15年度比103.0%)、売上利益の合計は約5億8400万円(同99.5%)となっているが、現状では新車の販売不振が続いており、18年5月の販売台数も前年同月比92.2%と、11ヵ月連続で前年割れという厳しい市場環境だ。  
  
 マイカーの普及が成熟化したことで市場は買い替えの需要に頼る現状となっているが、売上、利益ともに上向きの傾向にある中古車販売やサービスの分野に力を入れて収益を確保したり、合併や系列の統合といった再編によって合理化を図ったりと、業界内の動きは活発である。  
  
 ハイブリッドカーの普及や電気自動車などの低公害車時代に向けた対策、さらには自動車リサイクル法の施行といった環境保護への積極的な取組みも進んでおり、ただ数字を追いかけるばかりでなく、ユーザーの信頼を得るところから売上に結びつけていく経営努力を今後も期待したい。  
  
 全体に売れ行きが伸び悩む中において、軽自動車だけは需要が落ち込むことなく安定した普及を続けている。その最も大きな要因は原油価格の高騰によるガソリン代の上昇であり、あまり燃費が掛からず、維持費などのコストも少なくて済む軽自動車のメリットは高い。機能やデザインなどが充実した車種は幅広い年齢層からの支持を得ており、環境問題なども含めた複数の側面で時代に合ったクルマとしての注目が続くことだろう。  
  
《業界情報サイト》
社団法人 日本自動車工業会(http://www.jama.or.jp)  
社団法人 日本自動車販売協会連合会(http://www.jada.or.jp)  
日本自動車輸入協会(http://www.jaia-jp.org)  
  

【業界キーワード】

◆◆ 自動車リサイクル法 ◆◆  
平成17年1月施行。正式には「使用済自動車の再資源化等に関する法律」。カーエアコンの冷媒に利用されているフロン類、エアバッグ類、解体や破砕によって生じるシュレッダーダストを適正に処理することで有用資源をリサイクルし、環境問題への対応を図る。  
◆◆ 販売チャネル戦略 ◆◆  
当業界の場合は「自社内で取扱車種を区別して販売する」戦略を指す。トヨタにはトヨペット店、カローラ店、ネッツ店など、ホンダにはクリオ店、プリモ店などがある。  
◆◆ メガディーラー ◆◆  
複数のメーカーの国産車を同一の店舗で販売する販売業者。  
  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ