自動車部分品・附属品製造業(輸送用機械)|フィデリ・業種ナビ

自動車部分品・附属品製造業(輸送用機械)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【自動車部分品・附属品製造業】業界動向/マーケティング情報

 自動車部品はトヨタや日産といった完成車メーカーに直納される新車用の組付用部品と補修用部品に分けられ、エンジン部からクラッチ、計器、空調、カーステレオなどその種類は多岐にわたる。自動車の生産台数や保有台数の変化が収益に大きく影響する業界であり、不況によって国内需要が伸び悩む中、厳しい状況が長年続いている。  
  
 かつては完成車メーカーの系列業者から納品する流れが主であったが、経営のコストダウンを図る上で、最近では独立系のメーカーあるいは系列にこだわらない形での調達を行う傾向が強くなっているようだ。  
  
 経済産業省の「平成16年工業統計調査」によると、「自動車部分品・附属品製造業」の事業者数は8798(従業者数4名以上)とやや減少傾向にあるものの、年間出荷額は約21兆2900億円と、年々数字が回復している。  
  
 景気に下げ止まり感が出てきたとはいえ、急激に需要が回復する要素もないために当面は緩やかな生産台数の上昇を望むしかないと思われるが、自動車リサイクル法も既に施行されていることから、部品メーカーにとっても時代の流れに合わせる形での技術開発を進め、流通を再び活発にするための努力がこれから求められていくことになる。  
  
 低燃費のハイブリッドカーや近い将来導入が見込まれる電気自動車など、クルマ社会の新しい可能性も徐々に開かれつつある。欧米では既に普及が進んでいるエタノールを燃料にした車についても国産メーカーが開発に着手しており、国内で広く販売される時期もそう遠くないと思われる。  
  
 エタノールは植物から抽出するため、原油価格の高騰に対応できるメリットも大きい。排ガス規制をはじめ環境への配慮が大きな課題として突きつけられている業界だけに、新しい技術をいかに少ないコストで商品化できるかが問われることになる。  
  
 近年、完成車メーカーの海外での生産量は拡大し、現地調達で部品をまかなう比率も年々高くなる傾向にある。そのため取引先からの要望に応える形で海外進出を行う部品メーカーは増加しているが、資金力に乏しく単独で設備投資を行う余裕のないメーカーも多いため、系列を超えた経営統合で財務基盤強化を図る動きが加速している。企業価値向上を画策する投資ファンドなどが出資先の複数の部品メーカーに統合を促しており、今後も業界再編の動きから目が離せないところだ。  
  
《業界情報サイト》

【業界キーワード】

◆◆ モジュール化 ◆◆  
部品メーカーが完成車メーカーに対して別個に納入していた複数の部品を、部品メーカー側で組み立てて1つのユニットとして納入すること。コスト削減や部品点数の減少による合理化といった効果がある。  
◆◆ 自動車リサイクル法 ◆◆  
平成17年1月施行。正式には「使用済自動車の再資源化等に関する法律」。カーエアコンの冷媒に利用されているフロン類、エアバッグ類、解体や破砕によって生じるシュレッダーダストを適正に処理することで有用資源をリサイクルし、環境問題への対応を図る。  
◆◆ ハイブリッドカー ◆◆  
内燃機関であるエンジンに加え、モーターや圧縮空気といった別の動力源を用いた車のこと。燃費が抑制されるだけでなく、アイドリングが不要になることでの環境への配慮や、加速がしやすいなどといった利点がある。  
  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ