携帯電話販売業(コンピュータ・電子部品)|フィデリ・業種ナビ

携帯電話販売業(コンピュータ・電子部品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【携帯電話販売業】業界動向/マーケティング情報

 昭和54年、当時の電電公社(現・NTT)が開始した「自動車電話サービス」から携帯電話の歴史は始まる。当初は非常に高額なコストを必要とするレンタル制であったが、平成6年春の「端末売切制」導入によって価格が適正化されたことを契機に販売業としての供給がスタートする。小型化、軽量化によるデザインの改良も進んで一般の需要は急速に進み、販売店舗数も徐々に拡大していった。  
  
 経済産業省発表の「機械統計速報」によると、平成17年の携帯電話年間生産台数は約4709万台(前年比95.1%)となり、ピークとなった平成12年(約6368万台)から続く減少傾向に歯止めが掛かっていない状況だ。  
  
 しかし社団法人電気通信事業者協会が行った調査では、平成18年1月現在の携帯電話契約数は約9043万で前年同月比0.3%増となっており、業務用の法人契約や1人で複数台所有するケースなどが数字に影響しているのではないかと考えられる。しかしながら市場は既に飽和状態を迎えており、末端である販売業者が真っ先にその煽りを受けることも容易に想像ができる。  
  
 携帯電話販売の店舗形態は様々で、家電量販店内のコーナーやスーパーなどの一角にショップを設ける形態もよく見られるが、自分好みのブランドを持つ既存ユーザーが多数を占めている現状では、機種変更や各種サービスの提供を軸とした販売スタイルが主となってくる。  
  
 契約や料金に関する相談などのアドバイザリー面も考えれば、「DoCoMoショップ」や「auショップ」といった特定ブランド専売の直営店以外の店舗にとっては、機種販売に重点を置く従来の業務内容を大幅に見直す必要に迫られているようだ。機種変更においても利用ポイントによる割引が進んでおり、実質は契約手数料による収入に頼らざるを得ない状況とあっては、既に始まっている店舗の再編が今後さらに加速するものと思われる。  
  
 平成18年10月から、使用中の番号を変更せずに他社の携帯電話に切り替えることができる「番号ポータビリティー制」が始まった。利用者にとっては利便性だけでなく、各社のサービス、品質、料金などの特長を比較検討することができるなど選択の幅が広がる一方、販売店側ではこれを機に、業界への新規参入や顧客獲得競争の激化も予想される。移り気な利用者に向けて、利便性に優る高い顧客満足を与えるための新しいサービス提供も求められていくことになるだろう。  
  
《業界情報サイト》

【業界キーワード】

◆◆ 1次代理店 ◆◆  
メーカーから納品された携帯電話端末を、各通信事業者が卸す店舗。そこから自社の直営店で販売もしくは2次代理店への卸を行う。  
◆◆ 2次代理店 ◆◆  
1次代理店から卸を受けて販売する店舗。家電量販店などがこれに該当する。  
◆◆ 第3世代携帯電話 ◆◆  
国際電気通信連合(ITU)が定める「IMT-2000」規格に準拠したデジタル携帯電話。データ通信の高速化やマルチメディアを利用した新サービスの提供を可能にする。  
  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ