衛星(BS)事業(情報通信・放送)|フィデリ・業種ナビ

衛星(BS)事業(情報通信・放送)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【衛星(BS)事業】業界動向/マーケティング情報

BSはBroadcasting Satelliteの略で、放送事業専用に打ち上げられた衛星を指す。衛星放送にはテレビジョン放送、音楽チャンネルが主体のラジオ放送、デジタルデータを送信するデータ放送に分けられる。NHKが日本初の衛星放送を開始したのは平成元年。その2年後の平成3年には、民放の有料チャンネルが2局(「WOWOW」「St.GIGA(サービス終了)」)開局した。平成12年にはBSデジタル放送が開始され、地上波民放局も参入するなど市場は徐々に拡大していくことになる。
  
しかし業界の状況は低迷の度合いが深刻で、平成16年度、BS事業は全体で約192億円もの大きな単年度赤字を出した(総務省の調査による)。有料チャンネル(現在は「WOWOW」と「スター・チャンネル」の2局)の契約数も平成13年をピークに減少傾向が続き、明るい話題は見られない。その一方でNHKについては、メジャーリーグやオリンピック、サッカーW杯といった世間が注目するスポーツイベントの中継を行うメリットなどによる効果で需要は維持されており、平成17年度末現在のNHK衛星放送契約数は約1254万件(前年度末比約18万件増)と、放送開始以来、契約数は1度も減少することなく推移している。
  
一方でラジオ放送とデータ放送については、一般家庭の普及が進まない状況にインターネットの登場が追い討ちをかけた格好となり、共にほとんどのチャンネルがサービス終了に追い込まれている。ラジオ放送はニーズそのものが乏しいことから今後の発展は非常に厳しいと思われるが、データ放送は双方向サービスの普及などによって視聴者の利用幅が広がってくれば、テレビ放送と連動する形で機能する可能性は十分に考えられる。
  
民放については地上波と同様に広告収入が頼りとなるが、BSには視聴率調査など目安となる数字がないためにCMがつきにくく、番組の質を上げて広告主にアピールする必要は急務といえる。またNHKにおいても、放送事業そのものの肥大化を指摘する声が上がる中で、現在の3チャンネル(衛星第1、衛星第2、ハイビジョン)から1〜2チャンネルの削減を求める動きも出ており、番組提供や受信料への影響など、視聴者からの反発にまで発展する可能性も考えられている。
  
2011年のアナログ放送終了を控え、地上波もBSと同様に高画質のデジタル放送が各世帯に普及しつつある。BSも既存チャンネルと合わせて50以上の多チャンネル体制が予想されており、同時に民放がBS放送局を子会社化することも可能となるため、通信・放送の融合で多種多様なサービスの提供を目指す事業者も増えそうだ。しかしBSの場合はCSの2倍以上にもなる運用コストが新規参入の障害となり、さらには競争の激化による採算の悪化を懸念する声も多い。
  
NHKの調査では、平成18年度末の時点でBSデジタル放送受信機の普及は2200万台を超えており、1年前に比べて約1000万台増という急激な伸びを見せている。しかしCSも含めた多チャンネル時代の中、受信機の普及がそのまま視聴人口の増加には結びつかない上に、有料放送チャンネルの大手であるWOWOWも既存加入者のデジタルへの移行に苦戦しており、加入者数が減少傾向にあるなど、この先BS放送に対する需要の高まりが期待できる要素が揃っているとは決していえない。特に広告収入が生命線である民放各局にとっては、BSでしか視聴できない番組の提供をはじめ、地上波やCSとの差別化に重点を置いた魅力あるプログラム作りによってどれだけ認知度を上げられるかがこれからの重要な課題となるだろう。
  
《業界情報サイト》
社団法人 衛星放送協会(http://www.eiseihoso.org)  
総務省(http://www.soumu.go.jp)  
  

【業界キーワード】

◆◆ 放送法 ◆◆  
昭和25年、戦前の「無線通信法」に代わり、「電波法」「電波管理委員会設置法」とともに「電波三法」として制定された。あらゆる放送を行う者すべてが遵守せねばならない法律で、放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。政治的に公平で、事実を曲げない放送を行うことで表現の自由を確保することなどを定めている。  
◆◆ 有線テレビジョン放送法 ◆◆  
昭和47年7月制定。有線テレビジョン放送施設の設置と業務の運営を適正化することによって、有線テレビジョン放送の受信者の利益を保護するとともに有線テレビジョン放送の健全な発達を図り、公共福祉の増進に資することを目的とする。施設の設置ならびに放送の業務にあたっては、総務大臣の許可が必要(一部例外あり)となる。  
◆◆ トランスポンダー ◆◆  
衛星に取り付けられている電気回路で、音声、映像の各信号の受信と再送信を行う。  
  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ