液化石油ガス(LPG)卸売業(ガス)|フィデリ・業種ナビ

液化石油ガス(LPG)卸売業(ガス)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【液化石油ガス(LPG)卸売業】業界動向/マーケティング情報

 プロパン・ブタンなどが主成分である液化石油ガス(LPG=Liquefied Petroleum Gas)は、空気より重い気体で、冷却や加圧によって液体化する特性がある。液体化すると体積が250分の1にまで縮小するため、運搬が容易に行えるメリットがあり、主に都市部以外の地域において家庭用燃料として幅広く普及している。また、カセットコンロに使われている燃料にもLPGが使用されている。国内生産は2割を超える程度で、サウジアラビアやUAE(アラブ首長国連邦)からの輸入が多くを占めている。  
  
 平成16年度のLPG総需要量は約1790万トンで、そのうちの約44%が家庭業務用、約26%が工業用として使われている。家庭用においては都市ガスの供給規模が年々広がりつつあるものの、高い安全性があり環境にも優しく、災害時にも短期間での復旧が可能なLPGも依然として根強い需要があり、当面は共存共栄の形で進んでいくものと思われる。  
  
 法改正による規制緩和によって、今後は都市ガス業者、電力会社などからの参入も活発化してくるだろう。またLPGは事業者によって料金設定が自由なため(都市ガスは料金許認可制)、市場が成熟化するにつれて価格競争の激化も考えられる。自由化の流れが進むことによって、小規模の業者には厳しい状況が待っているかもしれない。  
  
 燃料供給以外にも、低燃費、低公害の効果が見込めるLPG自動車の普及や技術改良、さらには携帯電話やノートパソコンのバッテリーといった燃料電池への応用など幅広い分野での活用が期待できるだけに、LPGの有用性が新しい技術を次々と生み出す可能性も十分にあるといえよう。  
  
 低燃費、低コストならびに搬送の利便性からLPガスはタクシー業界をはじめ、野菜農家や紡績などあらゆる産業においてエネルギーとしての活用が広まっている。しかし原油の随伴ガスとして産出、回収されていることから、昨今の原油高によって価格面の影響を少なからずうける形となりタクシー運賃の値上げなど各業界に波紋を広げている。低公害のため石油の代替燃料のとしての期待があったが、今後も価格の高騰は続くと予測されており、電力会社やLNG(液化天然ガス)とのシェアの動向に注目が集まる。  
  
《業界情報サイト》
日本LPガス協会(http://www.j-lpgas.gr.jp)  
社団法人 全国エルピーガス卸売協会(http://www.zenorosi.or.jp)  
社団法人 全国エルピーガススタンド協会(http://www.sutakyo.or.jp)  
経済産業省 資源エネルギー庁  
  

【業界キーワード】

◆◆ ガス事業法 ◆◆  
昭和29年3月制定。ガス事業の運営を調整することによって使用者の利益を保護し、およびガス事業の健全な発達を図るとともに、ガス工作物の工事、維持、運用ならびにガス用品の製造および肱売を規制することによって、公共の安全を確保し、あわせて公害の防止を図ることを目的とする。  
◆◆ 高圧ガス保安法 ◆◆  
昭和26年6月制定。高圧ガスによる災害を防止するため、高圧ガスの製造、貯蔵、販売、移動その他の取扱、消費ならびに容器の製造、取扱を規制するとともに、民間事業者および高圧ガス保安協会による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を促進し、公共の安全を確保することを目的とする。  
◆◆ 高圧ガス保安協会 ◆◆  
第三者機関として、高圧ガス産業分野の保安向上を目指し、技術基準の作成や研究開発業務を行っている。また「高圧ガス製造保安責任者」「高圧ガス販売主任者」「液化石油ガス設備士」の各国家資格試験を実施している。  
《参考サイト》  
高圧ガス保安協会(http://www.khk.or.jp)  
  

【この業界に強いソフトウェア】

ダイヤモンド富士ソフト株式会社  
VALSRV/SAP Business One
(http://www.dandf.co.jp/product_service/product/sap01.html)  
SAP Business Oneは、数名から数百名の従業員を抱える中堅・中小企業のためのERPパッケージです。本来のERPとしてすべての機能を兼ね備えたSAP Business Oneは、短期間かつ低コストで導入が可能なビジネスソリューションです。このシンプル、しかもパワフルなソリューションにより、企業は業務の効率化と攻めの経営を実現することができます。   
お問合せ先:ダイヤモンド富士ソフト株式会社 ビジネスイノベーションオフィス  
tel:03-5769-2863  e-mail:bio@dandf.co.jp



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ