医薬品製造業(医薬品・化粧品・日雑品)|フィデリ・業種ナビ

医薬品製造業(医薬品・化粧品・日雑品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【医薬品製造業】業界動向/マーケティング情報

医薬品製造業は、医薬品の原末(原料の粉末)および原液を製造する「医薬品原薬製造業」と、医薬品や医薬部外品の製剤を製造する「医薬品製剤製造業」、つまり原料と薬剤、それぞれの製造に大別されている。経済産業省の「工業統計調査」によると、平成16年現在の「医薬品原薬製造業」と「医薬品製剤製造業」を合わせた事業者数は709ヵ所(従業者4名以上、平成14年比19ヵ所減)、年間出荷額合計は約6兆8145億円(同6.1%増)となっている。
  
厚生労働省の調査では、平成16年の医薬品生産合計額は約6兆5252億円(前年とほぼ変わらず)となった。高齢化社会がさらに進展することで、医薬品の需要は今後も高い水準で安定していくものと思われる。
  
しかし国民医療費総額の増大がこの先予想される中、平成14年度の改定によって実施された診療報酬の引き下げで、国民1人あたりの医療負担が軽減されている状況があり、薬価基準の改定が続くことで全体の収益に影響が出る可能性まで考えられている。内部の競争も激化していることから、業界においては企業どうしの合併による大手メーカーの寡占化、異業種の参入、外資系企業の台頭など、再編の動きも活発となっている。
  
医薬品については年間輸入額、輸出額が平成14年から3年連続で大きな伸びを見せ(厚生労働省医政局データ)、長年続いてきた内需依存の傾向から脱却されつつある。各企業においては国内にとどまらず国際的な競争力を身につける必要が出てきているが、複数の企業による技術や販売の提携がさらに進んでいけば、新薬の開発に要する膨大なコストの緩和へとつながるメリットも考えられる。ガンやエイズなどの疾病に対する治療薬の開発が待たれているだけに、業界の再編がプラスに働くよう期待したい。
  
政府が発表した「経済成長戦略大網」によると、医薬品については世界のトップレベルに入る力を持つ製薬会社の育成や、話題にのぼることが多くなったジェネリック(後発)医薬品のシェア拡大などが中〜長期的目標として掲げられている。高齢化社会における国民の健康維持において製薬技術の進歩は不可欠ともいえるだけに、開発力、生産性、安全面など、様々な視点から医薬品事業の発展を望みたいところだ。
  
そのジェネリック医薬品だが、現状では他の先進国に比べて日本のシェアは拡大しておらず、依然として低い普及率が続いている。低価格でも患者に安全な薬剤を提供すべきと考えるメーカー側は、先発品と同じ効き目のままで飲みやすさ、溶けやすさなどを向上させる付加価値に力を入れた技術開発を進めているが、製造コストが薬価の押し上げに影響している点や、先発薬メーカーとは違う環境下で作られるジェネリックの品質を疑問視する医師も多いことから、高品質・低コストという難しい課題が市場には突きつけられている。ドラッグストアなどの店頭にもジェネリックの製品は置かれているが、消費者の信頼を得られるだけの情報提供の面も今後は重要になってくるだろう。
  
注射による薬剤注入によってアレルギー性鼻炎の治療を行う技術が、大手製薬会社の開発によって近い将来にも実用化されるようだ。口腔内から上あごに向けて針を刺し、鼻粘膜に向けて薬を注入することで内部の組織を固めて炎症を抑えるというもの。鼻炎用カプセルや点鼻薬、鼻粘膜のレーザー治療などに比べて即効性、持続性に優れ、治療による負担も軽いことから、毎年春の花粉症シーズンにおいても有効な治療、予防の策となる期待が持たれている。
  
《業界情報サイト》
日本製薬団体連合会(http://www.fpmaj.gr.jp)  
日本製薬工業協会(http://www.jpma.or.jp)  
経済産業省「工業統計調査」  
厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp)  
  

《主な上場企業サイト》

協和発酵工業(株) 【東証1部】(http://www.kyowa.co.jp/)  
第一工業製薬(株) 【東証1部】(http://www.dks-web.co.jp/)  
武田薬品工業(株) 【東証1部】(http://www.takeda.co.jp/)  
アステラス製薬(株) 【東証1部】(http://www.astellas.com/jp/)  
大日本住友製薬(株) 【東証1部】(http://www.ds-pharma.co.jp/)  
塩野義製薬(株) 【東証1部】(http://www.shionogi.co.jp/)  
田辺製薬(株) 【東証1部】(http://www.tanabe.co.jp/)  
わかもと製薬(株) 【東証1部】(http://www.wakamoto-pharm.co.jp/)  
あすか製薬(株) 【東証1部】(http://www.aska-pharma.co.jp/)  
日本新薬(株) 【東証1部】(http://www.nippon-shinyaku.co.jp/)  
中外製薬(株) 【東証1部】(http://www.chugai-pharm.co.jp/)  
科研製薬(株) 【東証1部】(http://www.kaken.co.jp/)  
エーザイ(株) 【東証1部】(http://www.eisai.co.jp/)  
ロート製薬(株) 【東証1部】(http://www.rohto.co.jp/)  
小野薬品工業(株) 【東証1部】(http://www.ono.co.jp/)  
久光製薬(株) 【東証1部】(http://www.hisamitsu.co.jp/)  
持田製薬(株) 【東証1部】(http://www.mochida.co.jp/)  
大正製薬(株) 【東証1部】(http://www.taisho.co.jp/)  
参天製薬(株) 【東証1部】(http://www.santen.co.jp/index.jsp)  
エスエス製薬(株) 【東証1部】(http://www.ssp.co.jp/)  
扶桑薬品工業(株) 【東証1部】(http://www.fuso-pharm.co.jp/)  
日本ケミファ(株) 【東証1部】(http://www.chemiphar.co.jp/)  
(株)ツムラ 【東証1部】(http://www.tsumura.co.jp/)  
キッセイ薬品工業(株) 【東証1部】(http://www.kissei.co.jp/)  
生化学工業(株) 【東証1部】(http://www.seikagaku.co.jp/)  
栄研化学(株) 【東証1部】(http://www.eiken.co.jp/)  
日水製薬(株) 【東証1部】(http://www.nissui-pharm.co.jp/)  
鳥居薬品(株) 【東証1部】(http://www.torii.co.jp/)  
東和薬品(株) 【東証1部】(http://www.towayakuhin.jp/)  
沢井製薬(株) 【東証1部】(http://www.sawai.co.jp/)  
ゼリア新薬工業(株) 【東証1部】(http://www.zeria.co.jp/)  
第一三共(株) 【東証1部】(http://www.daiichisankyo.co.jp/)  
(株)キョーリン 【東証1部】(http://www.kyorin-gr.co.jp/)  
  

【業界キーワード】

◆◆ 薬事法 ◆◆  
昭和35年8月制定。医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性および安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、医療上特にその必要性が高い医薬品及び医療機器の研究開発促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。  
◆◆ 特許法 ◆◆  
昭和34年4月制定。発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、産業の発達に寄与することを目的とする。この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なものをいう。  
◆◆ 知的財産基本法 ◆◆  
平成15年3月施行。知的財産の創造、保護及び活用に関し、基本理念およびその実現を図るために基本となる事項を定め、国、地方公共団体、大学や事業者の責務を明らかにし、並びに知的財産の創造、保護及び活用に関する推進計画の作成について定めるとともに、知的財産戦略本部を設置することにより、知的財産の創造、保護および活用に関する施策を集中的かつ計画的に推進することを目的とする。  
◆◆ MR(Medical Representative) ◆◆  
製薬会社の医療情報担当者。新薬に関する情報や副作用情報などの病院、医療機関への伝達ならびに薬品に関する臨床データの収集が主な業務となる。  
◆◆ タミフル ◆◆  
経口型(口から服用する)の抗インフルエンザウイルス剤。A型およびB型インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があるとされ、新型の鳥インフルエンザウイルスへの効果も期待されている。ロシュというスイスの製薬会社が製造しており、日本では平成14年にロシュグループの傘下に入った中外製薬が処方箋薬として発売している。  
◆◆ ジェネリック医薬品 ◆◆  
ある製薬会社が開発、製造した医薬品(先発品)の特許が切れた後、別の製薬会社が同じ成分で製造、販売したもの。研究開発費が掛からない分、安い値段で処方してもらえることが可能で、平均して先発品の半額程度といわれている。  
《参考サイト》  
日本ジェネリック研究会(http://www.ge-academy.org)  
  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ