バイオテクノロジー関連業(医薬品・化粧品・日雑品)|フィデリ・業種ナビ

バイオテクノロジー関連業(医薬品・化粧品・日雑品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【バイオテクノロジー関連業】業界動向/マーケティング情報

 Biology(生物学)とTechnology(技術)を合わせた言葉であるバイオテクノロジーは、発酵や醸造、品種改良、細胞や遺伝子の組み換えといった操作など、動植物の持つ様々な機能を人類の生活に有効な形で役立たせる様々な技術の総称である。1970年代に入り、細胞融合や遺伝子組換えといった新しい技術の開発で、食品や医薬品だけでなく日用品、化粧品、環境分野など応用範囲も広がったことによってバイオテクノロジーの名が一般にも知られるようになり、産業としての認識も高まりを見せることとなる。  
  
 経済産業省は平成17年度予算において、バイオ関連事業に265億円(前年度より9億円増)を計上した。異業種参入も盛んな産業であるために正確な市場規模は把握できないが、政府が平成15年度に行った「バイオ産業創造基礎調査」では986社の回答があった。製品の年間出荷額では「食品」が全体の6割以上を占めており、「医薬品・診断薬・医療用具」についても全体の2割を超える数字を残している。  
  
 技術の進展とともに、バイオ産業の範囲も拡大を見せている。長期にわたる研究と多額の費用が発生しやすい事業であるだけに、コストを抑えるための取り組みに対する意識も、今後活発になる同業者間の競争においては重要な点といえるだろう。一方で、倫理的に問題視されているクローン技術のような誤った研究の活用が、安全性に対する不安、環境や生態系への影響など多くの問題を生み出しかねない恐れもあるだけに、常に社会との調和を図りながら研究を進めていくことは何よりも大切である。  
  
 食品では、近年において広く認知されるようになった「特定保健用食品」の市場が今後も成長していく期待がもたれている。食用油や飲料、乳製品、インスタント食品など、既に様々な商品が発売されており、健康志向の高まりによって消費者からも高い関心が寄せられ、ヒット商品も生まれている。  
  
 医療面においても遺伝子レベルでの治療や薬剤開発など、バイオテクノロジーの役割が大きく求められている分野での進展に注目が集まっている。特にがん治療については、発生原因の特定や治療に効果のある物質の発見といった、企業や関連機関による研究成果が連日のようにニュースで取り上げられている。国内製薬各社においては抗がん剤開発を本格的に行う動きが見られるなど、がん治療に対する取り組みに進歩を予感させる状況の中、バイオ関連が果たすべき役割にも大きな期待が寄せられていくことだろう。  
  
 アメリカの大学に所属する研究者が、海水を飲める状態の水に転換する新技術を開発した。従来の逆浸透膜によるろ過機能に加え、ナノ粒子の働きによって塩分や微生物などの不純物をはねのける効果もあり、フィルターの穴詰まりがなく耐用性の向上が期待できるという。まだ実用化には時間が掛かると思われるが、既存の浄水装置だけでなく、アウトドアや災害時など、自然環境の中や非常時において飲料水を必要とする場面では大いに役立つ技術だけに、安全性が確保された上での商品化が待たれる。  
  
《業界情報サイト》
財団法人 バイオインダストリー協会(http://www.jba.or.jp)  
農林水産省 農林水産技術会議(http://www.s.affrc.go.jp)  
経済産業省(http://www.meti.go.jp)  
  

【業界キーワード】

◆◆ 遺伝子組換え(生物等)規制法(カルタヘナ法) ◆◆  
平成15年6月制定。正式には「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」。生物の多様性確保を図るため、遺伝子組換え生物等の使用等の規制に関する措置を講ずることにより、生物の多様性に関する条約のバイオセーフティに関する「カルタヘナ議定書」の的確かつ円滑な実施を確保し、人類の福祉に貢献するとともに現在および将来の、国民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的とする。  
◆◆ 新・種苗法 ◆◆  
従来の種苗法(昭和22年制定)の全面改正によって、平成10年12月に施行。新品種保護のための品種登録に関する制度、指定種苗の表示に関する規制等について定めることにより、品種育成の振興と種苗流通の適正化を図り、農林水産業の発展に寄与することを目的とする。  
◆◆ クローン規制法 ◆◆  
平成12年12月制定。正しくは「ヒトに関するクローン技術等の規制に対する法律」。クローン技術が、用いられ方によっては特定の人と同じ遺伝子構造を持つ人や、人か動物か判らないような個体を作り出すなど、人の尊厳の保持等に重大な影響を与える可能性があることから、クローン技術により作成される胚を人または動物の胎内に移植することの禁止、ならびにクローン技術による胚の作成、譲受、輸入の規制などの措置を講じた法律。  
◆◆ 細胞融合 ◆◆  
プロトプラストと呼ばれる細胞壁を取り除いた裸の細胞を、電気刺激などによって融合させ、雑種の細胞を作ること。  
◆◆ オールドバイオ ◆◆  
カビや酵母などから味噌や醤油、納豆、酒といったものを作ったり、アルコール、クエン酸、抗生物質、 アミノ酸といった物質を生産したりなど、旧来より活用されてきた発酵・醸造の技術。  
◆◆ バイオディーゼル燃料 ◆◆  
主に植物の含有油脂を原料とした、ディーゼルエンジンを稼働させる軽油の代替燃料。ヒマワリや大豆といった、植物由来の油とメタノールを原料として合成したメチルエステルが最も普及しており、海外では規格化もされている。日本でも、廃食油とメタノールから合成されたバイオディーゼル燃料の製造、実験が各地で行われている。  
  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ