カプセルホテル(宿泊・旅行)|フィデリ・業種ナビ

カプセルホテル(宿泊・旅行)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【カプセルホテル】業界動向/マーケティング情報

最終電車に乗り遅れたサラリーマンが泊まる場所というイメージの強いカプセルホテルだが、最近ではその需要も多様化しており、出張のビジネスマンが経費削減の目的で利用したり、安い宿を求める一般旅行客の宿泊も多い。最近では、日本ならではのスタイルの宿泊施設を体験したいという好奇心から利用する外国人観光客も増えており、カプセルホテルを「日本特有の文化」として紹介するガイドブックもあるという。

天然温泉のお風呂やサウナ・プール等の施設、さらに入浴だけでなくマッサージやフットケア、アロマテラピーといった、健康ランド並みの各種サービスが充実しているカプセルホテルも多い。また一部ではあるが、女性専用の店舗も存在する。

昭和54年に大阪で1号店が開業して以来、狭苦しいという印象ばかりが先行していたカプセルホテルだが、店舗数が増えるにつれてそのイメージは徐々に良くなっている。

さらには不動産業や家具の製造販売業など、異業種が参入しやすい業界であるという特徴があるのも興味深い。低価格の魅力に加えて施設の美化やサービスの充実といった努力を重ねることで、この先まだまだ需要の掘り起こしが望めそうな業界であると考えられる。
 

★ おすすめリンク

◆◆ 旅館業法 ◆◆
昭和23年制定。宿泊施設は「ホテル」「旅館」「簡易宿所」「下宿」の4つに属性が定められているが、カプセルホテルは「簡易宿所」に当てはまる。
《参考サイト》
「電子政府の総合窓口」(http://www.e-gov.go.jp)



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ