学習塾(教育学習支援)|フィデリ・業種ナビ

学習塾(教育学習支援)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【学習塾】業界動向/マーケティング情報

古くは江戸時代の「寺子屋」に代表される、学校教育のような公的でない教育形態の1つとして挙げられる学習塾。低資本での開業が可能で、法的な資格も必要ないことから参入が容易な事業であり、大手チェーンから個人経営までその規模も様々である。

講師についても学生アルバイトを多く雇うなどでコストダウンを図る傾向にある。しかし、これについても特別な資格を必要としないため、研修などの育成によって本業の質を上げる方策が各自取られてはいるが、平成17年12月に京都で起きた、アルバイト講師による生徒殺傷事件を契機に、全国学習塾協会では講師採用時における面接方法などのガイドライン化など、子どもの安全を守る指針作りを発表している。

塾業界市場規模

平成8年には1兆円を超える市場規模を誇った学習塾業界だが、それをピークに平成12年までは減少が続いた。しかし平成13年以降再び市場は上向きに転じており、少子化が進んでいる中でも、市場は依然として大きな衰えまでは見えていない。

受験戦争の低年齢化が顕著となって有名私立小・中・高等学校の受験熱が増していること、さらには平成14年度から実施された「ゆとり教育」が結果的に学力の低下を招くのではないかという懸念から、勉強時間を補うために子どもを学習塾に通わせる家庭が増えたことが、堅調ぶりの要因に挙げられるだろう。

それでも今後、ますます年少者の人口は減っていく見込みであり、「ゆとり教育」についても数々の弊害を生じたことから、その在り方が大きく見直されつつある。激化していく競争を生き残るために学習塾としては、入塾者の獲得に向けた対策に加え、指導システムの充実や講師育成の強化、さらには学校教育においても導入が進んでいるパソコンを使っての学習指導など、特色ある授業で他社との差別化を図ることなども必要となってくるだろう。

学習塾の授業は夜遅くにまで及ぶことも多い。安全管理において受け入れ側の責任が問われるケースも増えつつあり、電子メールで登下校の時間を携帯電話や自宅のパソコンなどに転送し連絡できる通塾管理システムを導入する学習塾も出てきた。

少子化に加えてゆとり教育の見直しなど、日々変化しつつある教育環境に対応して生き残りを目指すという厳しい状況の中、吸収合併や異業種企業による買収といった業界再編も急ピッチで進んでおり、獲得競争も今後いっそう激しくなることが予想される。
 

この業界の関連サイト

全国学習塾協会(http://www.jja.or.jp/main.html)

★ おすすめリンク

◆◆ 個別指導型 ◆◆
1人の講師に対して1〜3名の生徒で指導を行うスタイル。近年の学習塾における主流の教え方となっている。対して多人数のスクール形式での講義は「一斉指導型」という。

◆◆ eラーニング ◆◆
インターネットをはじめとするネットワークを媒介した学習形態。既にこのシステムを導入している学習塾もあるほか、将来的には学校教育や民間企業にも広く取り入れられる見込みで関心を集めている。



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ