ゴルフ練習場(娯楽・レジャー・スポーツ)|フィデリ・業種ナビ

ゴルフ練習場(娯楽・レジャー・スポーツ)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【ゴルフ練習場】業界動向/マーケティング情報

 英国で生まれ、その起源には諸説あるとされるゴルフは「紳士のスポーツ」と呼ばれるだけあって、道具やプレー費などに高いコストを必要とする娯楽で、日本においては景気が低迷するとその打撃を直接的に受けやすい弱点がある。  
  
 特に近年では厳しい経営状況に立たされているゴルフ場が増え、経営破たんのニュースもよく聞かれる。全国に3000場近くあるといわれるゴルフ練習場だが、総務省統計局の「サービス基本調査」によると、平成16年の年間収入は約1819億円。前回調査(平成11年)比30.6%減という大きな落ち込みで、ゴルフ場の経営難に連動する形でゴルフ練習場への客足も伸び悩んでいることが分かる。  
  
 ゴルフ市場全体の縮小傾向に加え、最近ではゴルフ人口の高齢化も問題視されているが、底辺拡大による需要を目指す具体案の1つとして、アマチュアゴルファーの増加につながるレッスン事業の充実が挙げられる。  
  
 プロゴルフ界において10代選手の活躍が脚光を浴びているように、小・中学生といったジュニア選手の育成についてはますます盛んになってきているが、独特の敷居の高さもあって好き嫌いの分かれるスポーツだという見方で考えれば、上の年齢層でも未経験者、初心者に対してのイメージアップも込めたPR展開は、気軽に通える練習場レベルで行うのが最も効果を期待できそうだと感じるだけに、業界をあげての努力を期待したい。  
  
《業界情報サイト》

【業界キーワード】

◆◆ ティーチングプロ ◆◆  
PGA(日本プロゴルフ協会)LPGA(日本女子プロゴルフ協会)公認のプロゴルファーには2種類あり、競技会に出場する「トーナメントプロ」と、優れた指導技能を持つ「ティーチングプロ」がある。「ティーチングプロ」にはアシスタントからA級までの4段階あり、資格が認定されるとゴルフ練習場やゴルフスクールなどでレッスンが行える。  
◆◆ インドア練習場 ◆◆  
ビルの1室など、狭い室内に設置された小規模の練習場。打席数も少ないが、ビデオによるフォームチェックやプロによるレッスンなどのサービスを行う所が多い。  
  



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ