漬物製造業(飲料・食料)|フィデリ・業種ナビ

漬物製造業(飲料・食料)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【漬物製造業】業界動向/マーケティング情報

 漬物の製造については、材料に野菜を用いることからもともと農家の副業として始めたというケースが多く、個人や零細の構成比が高くなっている。また他の農業加工業や水産加工業と同じく、原料(=野菜)の価格事情より収益が左右され易いということが業界の課題として挙げられる。
 
野菜漬物(果実漬物を含む) 出荷額の推移(億円) ぬか漬、浅漬け、べったら漬けなど、漬物は加工法によって数百種類にものぼるといわれており、種類や産地によっても流通ルートが異なる場合があるが、メーカーからの直営、メーカーから卸を経て小売などの末端、メーカーから卸・2次卸を経て小売などの末端、以上の3つが主なルートとされている。経済産業省の「平成16年度工業統計表・品目編」によると製造出荷額は概ね5000億円台で推移していたが、近年は減少が続いており、平成16年には4315億円まで落ち込んでいる。
 
 JAS法改正以降の原産地表示対応による加工場の海外流出や、消費者の安心・安全志向の高まりに対応する品質管理体制の整備、多様化する食文化における健康食としての存在価値向上など、業界を取り巻く環境や対応すべき課題は多い。また米の消費量が落ちていることに加えて輸入キムチが売上を伸ばしていることの影響も大きく、需要回復に向けた早期の対応が求められる状況にある。さらには減塩など健康に配慮した商品の普及も望まれるところだ。
《業界情報サイト》



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ