婦人靴卸売業(装身具・装飾品)|フィデリ・業種ナビ

婦人靴卸売業(装身具・装飾品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【婦人靴卸売業】業界動向/マーケティング情報

 洋装の急速な普及による婦人靴需要の急速な伸びで、注文靴だけでは需要に対応できず既製の靴が多く作られるようになったため、製造と小売の中間段階として卸売業が多数生まれることになった。婦人靴はファッション性の高さが要求されるため、どうしても多品種少量生産を強いられる。そのため、婦人靴メーカーは中小零細業者が大半で直売店を持つ余裕もないため、小売業との橋渡しができる卸売業はその機能を十分に発揮できる。小売店側からも流行性や商品回転率の高さから在庫を抱えることが多いことから、倉庫代わりとして問屋の存在価値は高い。ゆえに靴卸売業を営む業者は、婦人靴を専門に扱うところが多い。
 
 靴の生産は消費地に近い方が輸送コスト軽減になるため、大半が大都市もしくはその周辺で行われ、特に東京都と、神戸を中心とする兵庫県での生産が多い。そのため必然的に卸売業も大都市地域に集中している。
 
 消費低迷の影響もあり、消費者の低価格志向は進んでいる。また最近はこれといったヒット商品がなく、中国を中心とするアジア諸国からの安価な輸入品の増加もあり低価格競争は年々激しさを増し、業界のコスト削減努力も限界に近づいている。そのため、低価格品と競合せず、日本が誇る高い技術を生かした他の国にまねのできない商品の開発を絶えず行う必要がある。消費者ニーズは刻々と変化しており、低価格なだけでなく高品質ではきやすい商品を求めるなど、要求は厳しくなる一方である。これに対応するためには、メーカーの商品開発だけに頼るのではなく、ニーズを的確に捉えた商品の開発を卸売業者自身が行い、製造業者へ提案していくことにより、他社が扱う製品との差別化を図っていくことが重要になってくる。
 
 安価な輸入品の増加で価格競争は激しさを増し、百貨店やショッピングセンターの売り場面積縮小など、国内企業にとっては厳しい状況となっている一方、アパレルメーカーと提携することでブランド力を強め、他社との差別化を図る動きがある。また、若年層向け商品を主力に抱えるメーカーと供給しあうことで、ターゲット層の拡大をねらう企業も出てきている。今後も他業種や海外ブランドからの参入は増加すると予想され、各社にとって競争力の強化が重要になってくるといえる。
《業界情報サイト》
日本靴卸団体連合会(http://www.shoes.gr.jp)
東京都靴卸協同組合(http://www.shoes.gr.jp/tokyo)
協同組合名古屋オールシューズ連盟(http://www.shoes.gr.jp/nagoya)
 



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ