手袋製造業(装身具・装飾品)|フィデリ・業種ナビ

手袋製造業(装身具・装飾品)|フィデリ・業種ナビ

業種ナビ

どんな業種も5分で理解!400種類以上の業種の解説から業界動向まで!


【手袋製造業】業界動向/マーケティング情報

 手袋にはニット生地を裁断し縫製する縫手袋、横編機で編み立てる編手袋、牛革や羊革を裁断し縫製する革手袋、合成皮革を素材とする合皮手袋などがある。ファッション用、スポーツ用などに大別されるが、通常作業用手袋は別業界に属する。
 
手袋製造業 事業所数と生産高の推移 全国生産量のうち、香川県東かがわ市が約90%を占めるという特徴を持った手袋だが、生産は機械化が難しく、工程も複雑で細かい典型的な労働集約型産業である。そのため、人件費の安い労働力が確保できる中国を中心としたアジアへの進出が盛んで、製造部門の大半は海外子会社、国内は情報の収集、デザインや商品企画を行うなど分業化し、また付加価値の高い製品については地場の零細業者へ外注するか国内の自社工場で生産する方式を採るメーカーが多い。経済産業省の「工業統計表」によると、平成16年の生産高は149億4100万円。平成11年の217億9900万円から5年間で70億円近く減少している。
 
 手袋は副装品に過ぎないため、プライベートブランドやメーカーブランドをしのぐブランドとして確立することは難しい。そのため、製品をファッション用とスポーツ用に特化し、OEM(Original Equipment Manufacturing、他社ブランドの製品を製造すること)を中心に生産を行っている。また、需要が冬場に集中することや市場が限られているため、革手袋の素材、加工技術を生かした関連商品として、鞄や袋物・革衣料なども生産するなど多角化を進めている。
《業界情報サイト》



「フィデリ・ビジネスマナー講座」 | お役立ちビジネス情報

>> ビジネスポータルサイト・フィデリ